オージーびーふ

英語なんかよりも◯◯◯のほうがグローバル

 

僕は不謹慎な人間でしょうか。

 

僕は生まれつき耳がしっかりと聞こえる耳を持ち、自分の考えを言葉で伝えられる口が付いています。

 

一方で聾唖と呼ばれる人たちがいて、手話や口の動きを読んでコミュニケーションをとります。

 

違いは言葉を介したコミュニケーションを取っていないことだと思います。

 

どちらが「優れている」なんてこと考えるだけでは無駄ですが、僕は聾唖の人に憧れた経験があります。

なぜなら彼らは言葉に縛られない分グローバルだからです。

 

「英語≠グローバル」

 

            f:id:kenchan44:20170606114016j:plain

 

僕は大学卒業前にスペイン語を勉強したくて、スペインはバルセロナの語学学校に3週間ほど通っていました。

 

ある日、駅にある売店で飲み物を買おうと売店に寄ったときのことです。

 

僕の語学レベルは英語はまあまあ話せて、スペイン語もコーヒーの注文くらいはできるくらいのレベルです。

そんな僕が注文をしていたときのことでした。

 

隣のレジで身振り手振りだけで注文をしている男性がいました。

 

言葉は一切使わず、身振りだけです。

 

彼は友人と手話で会話をしていたことから、聾唖の方だったのだと思います。

 

ですが彼の表情はとびっきりの笑顔で、なんだかレジのお姉さんも彼とのやり取りを楽しんでいるように見えました。

 

さて、皆さんは「英語=グローバル」 と習ってきましたよね?

でも本当にそうでしょうか。

 

非言語こそが世界共通

 

スペインで見た彼は言葉を話せません。

では彼は海外旅行に行ったときに困るのでしょうか。

 

きっと困らないでしょう。

身振り手振りだけのコミュニケーションで足りるからです。文字が読めなくても、そんなのググれば解決できます。

 

もしかしたら言語の壁は英語を学ぶよりも、非言語を学んだ方が手っ取り早く克服できるのでは?

 

例えば街に溢れている記号とかサインは言語に関係なく誰でも理解できる。

来たる東京オリンピックに向けて英語の重要性が騒がれています。

でもある程度のことは英語に翻訳するよりも、記号やサインに置き換えた方が分かりやすいし、面白いのではないでしょうか。

 

また、表情は世界共通ですよね。

 

あなたが悲しくて泣いているときのことを思い出してください。

落ち込んだ顔をしていれば、友達が気づいて声をかけてくれましたよね?

 

逆にニコニコしていれば相手も心を許してくれて距離が縮まる。まさにスペインで見た彼のように。

 

本当に英語って必要なんでしょうか?

ペラペラ話せてる人ってかっこいいですよね。でも実は下手くそだっていいんです。

なんなら言葉で説明できなくてもいい。

 

言葉以外にもあなたの想いの伝え方はたくさんありますよ。

 

メイクの練習台になります 僕の顔はあなたのもの。さあ、自由に使うのだ!!!