オージーびーふ

ケツアゴが語るコンプレックス論①〜許せる人、許せない人〜

濃い毛とケツアゴがコンプレックスなオジーだよー!!!

 

 

 

コンプレックスって誰でも一つはありますよね〜

けっこういじられていたので僕は楽しくやってました!!

 

でも中にはいじられるのではなく影でこそこそ言われたり、それきっかけでいじめられたりって人多いですよね〜

 

なんなんですかねこの違いは???

 

たまにあるんですよ。「ケツアゴ」一つ取っても。

 

言われている自分でさえも爆笑してしまうときと、反対にすげーイラつくとき。

 

「は?こいつ一生しゃべんねえわボケが、お前のアゴも割ったろか!?!?」

 

ってなるときあるんですよね。

 

僕のケツアゴを例に解説していきましょう!!

 

いじられても楽しかったとき

 

例えば、高校のときだと部活のメンバー。

 

ひたすらいじられてました。楽しかった。今は誰にもいじられなくて寂しい。。。

 

 

やっぱりほぼ毎日一緒にいるメンバーだから何言われようが面白かったす。

 

 

いじられてブチギレしたとき

 

僕あんまり怒らないので、怒ったときのことはよく覚えてます。

 

確か中学のとき。授業中。

 

クラスって確かにいつも顔を合わせてるけど、あんまり仲良くない人とか気になる女子っているじゃないですか。

 

そのときにボソッと言われたんですよねお前ケツアゴじゃん。

 

 

 

あ??

 

 

 

怒りました。だんまり決め込みました。

 

 

 

許せる人、許せない人の違い

今になってなんであのとき怒ったのか理解できます。

 

いじられても楽しいときって必ず自分のコンプレックスを共有している人がいるときなんですよね。

 

要するに部活のメンバーって全員「ケツアゴ」を共有している。

反対にクラスって僕の「ケツアゴ」を共有していないメンバーがいる。

 

いやもちろん見た目で気付いちゃう人もいる訳だけど、そうじゃない人ももちろんいる。

 

 

そういう状況でいじっちゃうのって、僕のコンプレックスをバラしちゃってるのと一緒じゃん???

それって酷くないすか!?!?

 

こういうのって自分でちょっとずつちょっとずつ、三歩進んで二歩下がるくらいのスピードで理解してもらうのがいいんです。

 

それをね。無神経な奴はパーっと広めちゃう訳ですよ。

 

心の準備まだできてないんですよね〜〜〜

 

そんで一気に笑われるようなものなら、僕の気持ちは対応できません。

同じ笑いでも質が正反対!!!!

 

ダメっすよ〜勝手に人のコンプレックスをバラしちゃ。

 

まあバラした人は自分に被害がないから問題ないんだろうけど。

 

 

 

 

 

 

まとめ

  • 人のコンプレックスをイジるなら場所とタイミングを間違えずに♡
  • 謝っても取り返しがつかないことになっちゃうぞ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイクの練習台になります 僕の顔はあなたのもの。さあ、自由に使うのだ!!!