オージーびーふ

ヨシダナギ「HEROES」でおっぱいは見せてもらえなかったけど、情熱はしっかり感じてきた

ヨシダナギってだれ?

f:id:kenchan44:20170609131423j:image

職業、フォトグラファー。

 

5歳の頃にテレビで見たマサイ族に一目惚れ。

将来は彼女自身も彼らと同じ肌の色になって民族衣装着てマサイ族という職業に就くことが夢だったそうです。

 

純粋すぎる。

 

ですが、いつになっても肌の色が変わらないので、お母さんにいつ色が変わるのか聞いたそうです。

「日本人なんだから変わるわけないでしょ!!」と一蹴。

 当時はこの世の終わりと思うくらい絶望したそうです。

 

純粋すぎる。

 

ですがマサイ人になれなくてもせめて実際に会いたい!との思いで23歳のときにアフリカへ飛び立ちます。

 

そして現在はフォトグラファーとしてアフリカ民族の写真を撮っています。

 

好きなことが仕事になってるってカッコよすぎる。

 

ヨシダさんのことを知ってから、いつか会ってみたいなー、と思ってました。

 

ヨシダナギに会ってきた

いとも簡単に会えました。

いやー!それにしても素敵な写真がたくさんありました。

写真展のタイトルが「HEROES」ということもあってか、ヒーローのように威厳のある民族の写真が多かったです。

f:id:kenchan44:20170619172220j:plain

f:id:kenchan44:20170619173018j:plain

f:id:kenchan44:20170620111956j:plain

 

写真展にある写真はSNSとかネットで一度見たことがあるもののほうが多かった気がします。

正直にいうと僕はネットで何回も写真を見ていたのであまり感動とかはなかったかな。。。

 

あとはこんな感じで写真ごとに民族の説明をヨシダさんとのエピソードも交えて書かれています。

この説明文の方が面白かったです。

 

ちなみにこれはヨシダさん自身を説明したものです

ヨシダナギ、実はボノボ説。。。

f:id:kenchan44:20170620112407j:plain

 

写真展に行ってよかったことは

この2点です!!

 

ヨシダナギしか撮れない写真

 ヨシダさんの写真とか本を読んで気づきました。

 「ヨシダさんしか撮れない写真だな」と。

 

理由は単純明快、ただ一つ。

アフリカが好きだから。

 

考えてみてください。

 

マサイ族になれないって分かって絶望する???

 おっぱい見せてまでアフリカ民族と仲良くなる???

 

好きじゃなきゃできないですよね。

好きなことで生計を立てている人ってカッコいい。

僕も好きなことをとことん突き詰めようと思いました。

 

「好き」が溢れる写真

そしてその強い「好き」は他のフォトグラファーの写真と比べると一目瞭然です。

ヨシダさんの写真は「好き」という気持ちが溢れ出ています。大洪水レベル。

 

 

ますはジミー・ネルソンというフォトグラファーの写真を見てください。

もちろん「キレイだな〜」とは思うんですけど、なんか暗い。

 この人は少数民族が絶滅してしまうことを危惧して、彼らの写真を残そうと活動をして活動をしています。

 彼らの魅力とかではなく、「存在している」という事実を伝えてようとしています。

 

 

一方でヨシダさんの写真は

 

www.instagram.com

  

www.instagram.com

ジミー・ネルソンの写真と比べるとキラキラしてますよね。

 

彼らのことが好きだからこそどう魅力的に写真に残そうとか工夫しているんだと思います。

もしくはヨシダさんが彼らの距離を縮めたからこそポーズを取ってくれたのか。

 

どっちがいいとかは比べてもしょうがないけど、ヨシダさんの写真をみるとワクワクしてきます。

 

彼らに対する憧れや、純粋な好きっていう気持ちがこもっている写真だからこそ、ヨシダさんしか撮れない写真なんですね。

 

 

 

 ヨシダナギをもっと知りたい

ヨシダさんに興味を持った方はこちらの2冊の本がオススメです。

 

ヨシダさんがアフリカを飛び回ったときに書いていたブログを元に作られた本です。

アフリカの習慣やアフリカ人に対して感じたことをどストレートに書いています。

 

馴れ馴れしいガイドに本気で怒ったり、拉致されそうになって鼻水垂らして泣いたり、

民族と同じ格好ができて喜んだり。

 

「アフリカ」と聞くと内戦やウイルスなど悪いイメージしかありません。

でもアフリカを中から見て、アフリカの嫌なところも好きなところも正直に書かれた一冊。

読み終えた頃には僕もアフリカとの距離がグッと近くなりました。

  

SURI COLLECTION 

 

 

 ヨシダナギの活躍に注目!!

日本の次代をつくる100人にも選ばれたヨシダさん。

 でも、そんなことよりも好きなことを突き詰めている姿が超絶かっこいいです!!

 

 

 

 

メイクの練習台になります 僕の顔はあなたのもの。さあ、自由に使うのだ!!!